歌舞伎新報



歌舞伎新報 N001

歌舞伎新報 第二号

明治12年(1879)2月26日 36.5×74

		
"
諸新聞(しよしんぶん)でも噂(うハさ)の有(ある) 外国人(ぐわいこくじん)から新富座(しんとみざ)へ送(おく)つ
た幕(まく)ハ地(ぢ)が紫(むらさき)の絹(きぬ)で松竹梅(しやうちくばい)の丸(まる)の中(なか)へ差渡(さしわたし)
六尺有(ある)かたばみの紋(もん)が三所色糸の縫でいつ
もの宛名(あてな)の所(ところ)へ守田氏(もりたうじ)と白糸(しろいと)で縫(ぬつ)た書(しよ)ハ市(いち)
川万庵先生(かわまんあんせんせい)が書(かか)れたので巾(はば)が四布程(よのほど)あり升(ます)
下に在東京外国人中(ざいとうきやうぐわいこくじんちう)と有(あつ)て實(じつ)に目覚(めざま)しい立(りつ)
派(パ)な物(もの)其外(そのほか)に横浜(よこはま)の蘭人(らんじん)中から送(おく)つた天幕
ハ地(ぢ)が萌黄色(もへぎいろ)の輪(わ)こに天鳥(てん)で真中(まんなか)ハ座元(ざもと)の紋(もん)
左右(さゆう)ハ古代模様(こだいもよう)の内(うち)から竺仙(ちくぜん)さんが見(ミ)だし
たと云かたばみ草(くさ)の様(やう)な風流(ふうりう)な紋(もん)を金糸(きんし)と
いろ糸(いと)で縫出(ぬいだし)て新富座長守田氏(しんとみざちやうもりたうじ)へ在横浜蘭(ざいよこはまらん)
国人(こくじん)中よりの文字(もじ)を横(よこ)に双(なら)べて左右へ割(わつ)て
白糸縫(しらいとぬい)にした眼(め)を驚(おどろ)かす程(ほど)の物(もの)で有升扨(さて)引(ひき)
幕(まく)へ添(そへ)て来(き)た手紙(てがミ)の訳(やく)大略(たいりやく)ハ去(さる)明治十一年
六月該座再造開業(がいざさいざうかいげゲふ)の節(せつ)在東京外国(ざいとうきやうぐわいこく)人を御招(ごせう)
待(たい)且(かつ)御厚遇(ごこうぐう)下され其寸報迄(そのすんぽうまで)に引幕一張(はり)を呈(てい)
上するよし右任人(ゐにん)のエー、ゼー、エス、ボールス。ヘンリー、
ホン、シーボルト。トマス、マツクラチ。の三人より書き送り
たり誠(まこと)に該座(がいざ)の光栄(くわうえい)面目(めんぼく)ともいふべし
新富座(しんとミざ)場割(ばわり)ハ本読(ほんよみ)の日(ひ)遲(にわか)に変(かハ)り一番目ハ四幕(まく)に詰(つづ)め二番目
を加(くわへ)ることに定(さだま)り中幕(ちうまく)の勧進帳(かんじんちやう)も半四郎の役(やく)(義経)が家橘になる "		

新聞錦絵 所蔵リスト
図書室トップページ